sdf

不動産経営が注目されています。

 

不動産経営は健全で理想的な資産運用

長引くデフレと国際的な金融不安を背景に、長期に渡り低金利が続いています。

あまりにも預金の利息が低いので株式投資やFXなどの積極的な資産運用が人気ですが、決して手堅い収益を生んでいるとは言いがたいというのが現実ではないでしょうか。

そもそも不安が叫ばれていた年金制度も「消えた年金」などというダメ押しがある中、自分自身で真剣に資産づくり、資産運用を考えなければ誰もあてにはできない世の中なのです。

そういったなかで、不況に強く安定した利回りを得られる「不動産投資」が再注目されています。土地・建物という現物で「資産をつくる」「資産を活かす」方法はこの不況だからこそ高いリターンを期待できる理想的な資産形成方法であるため、まさに今、見直されているのです。

 

ゼロからの不動産経営

 

給与所得者の方にこそ不動産経営のチャンスが!

一般的なサラリーマン、OLのみなさんは努力によって急に大きくお給料を上げることはむずかしいでしょう。だからといって会社の業務以外に副業を持つなど考えづらいかと思います。しかしただ手をこまねいていても将来の不安は高まるばかりです。

不動産投資は土地・建物という絶対的な資産価値から収益を生み出すため、忙しいサラリーマンの方こそ検討すべきなのです。

 

想像以上に多い「大家さんはサラリーマン」

アパート等の不動産経営を行っているオーナーのなんと40%以上がサラリーマンという調査結果が出ています。しかもそのうち30代・40代の比較的若年層が半数以上を占めています。高額所得者や財産豊富な人が携わるイメージの不動産経営は、いまや一般的な資産形成手段のひとつとされているのです。

もちろん、不動産を取得すれば自動的に収益を生むわけではありません。しかし信頼できる管理会社と契約することで客付けやこまかいメンテナンスに煩わされることなく経営が可能です。

 

資金も知識も、土地も不要。必要なのは少しの信用と決断だけ!

不動産経営ほどパートナー選びが重要なものはありません。ご自身が興味をもっていろいろと勉強されたとしても、実際のノウハウや時代の流れ、助成金などのタイムリーな情報は専門家にまかせてしまったほうが間違いありません。

ジャパンは豊富な経験と情報ネットワークで、不動産経営を全面的にサポートします。

 

 

土地・建物を生き返らせる

 

あなたの物件の魅力を再開発!

アパート・マンションや店舗物件のオーナーさん、不動産はしっかりと働いておられますか?

バブル期に取得した物件で利回りが悪い。。。

設備が古く客付けに四苦八苦している。。。

交通の便が悪く空室が目立つ。。。

相続した土地だが放置してあり固定資産税だけ払い続けている。。。

いまこそ不動産にしっかりと働いてもらいましょう!

ジャパンは不動産の魅力を再開発するコンサルタント。マイナス要素の裏側のメリットはなにか。リフォームコストを見事に回収する制度・情報・ノウハウはなにか。

すべてジャパンにおまかせください。

 

現場一筋の経験と情報ネットワークが一番の強み!

ジャパンは北海道の現場を知り尽くしたエキスパート。夏と冬でガラリと環境が変わる北海道ならではのむずかしさをいやというほど味わっています。

しかし雪深いこと以外には、震災リスクや風水害が比較的少ない北海道が持つ可能性は今後ますます注目されていくことでしょう。

 

オーナー様の立場に立った保証プラン

不動産経営をなさっているオーナー様の三大不安「空室」「滞納」「修繕」をサポートする様々な保証プランをご用意していますからより安心して取り組んでいただくことができます。オーナー様の率直な悩みをお聞かせください。できるだけ柔軟にプランニングさせていただきます。

  ※物件の状況によって異なりますのでご相談ください。

 

 

よくあるご質問

 

Q.銀行から資金の借り入れをする自信がありません。

A.不動産投資の借り入れは購入する物件が担保となって融資されるのが特徴です。必ずしもまとまった自己資金が必要というわけではなく、資産・財産がなくてもリターンを得られる手段となるのです。

 

Q.良い物件が見つかるのでしょうか。

A.不況期はやはり物件の動きが出てきます。思わぬところの物件の情報が現れることもこの時期ならではです。我々の情報力の見せどころとなってきます。

 

Q.不動産経営のメリットがいまひとつピンときません。

A.物件の取得にあたり銀行ローン等を利用することがほとんどですが、得られる家賃収入から月々の返済と修繕等の準備費用の積立を差し引いた金額が純利益となります。
また、今後景気が変わらなければ現状のまま。景気が上向けば不動産の売却益も期待できるのが実物資産の強みです。
また、不動産経営の意外なメリットとして「生命保険の代わりになる」ということがあります。アパート等を取得するための銀行ローン契約の際に団体信用生命保険に加入することになります。たとえばご主人が契約者となって不動産経営をする場合、万が一ご主人が亡くなってしまった場合、銀行ローンは団体信用保険で完済され、遺族には不動産そのものと毎月の家賃収入がまるまる残ることとなります。つまり保険料を入居者が払ってくれる圧倒的に高額な生命保険ということができます。

 

 

高利回りアパート 物件情報 ゼロからの不動産経営 土地・建物を生き返らせる よくあるお問い合わせ 株式会社ジェラン